ロゴ スマートフォン用のロゴ

伊豆の国の歴史を旅する

伊豆の国市内の神社仏閣・史跡サイト

お知らせ

時代の転換点

伊豆の国市に残る歴史遺産には、古より日本が変わろうとした時に関わるものが多くあります。国宝・国指定重要文化財をはじめ、県・市指定の登録有形文化財などを含め、その数は57件に及びます。 歴史遺産の舞台は様々な時代に渡り、日本の変革期における新しい時代の始まりを現代の我々に物語っています。

詳しく見る

おすすめ

神社仏閣

香山寺

(伊豆の国市韮山山木)

平安時代末期に伊豆国の目代であった山木判官兼隆が創建したお寺。兼隆公は源頼朝の挙兵時に最初の標的とされた人物で、境内には兼隆公の供養塔がある。

詳しく見る

蛭ケ島公園

大河コース

(伊豆の国市寺家)

1160年(永暦元年)に平治の乱で敗れた源頼朝が配流された地とされている。公園内には富士山を眺める頼朝・政子像がある。

詳しく見る

モデルルート

大河コース

(徒歩4時間/車2時間30分)

武士の時代を築いた源頼朝と、伊豆の豪族であった北条氏の関係を紐解きながら鎌倉時代の端緒を巡るコースです。

coming soon

頼朝・政子コース

(徒歩2時間/車1時間)

伊豆の国市で結ばれた源頼朝と北条政子が見ていたであろう景色を望みながら、2人の足跡を追うコースです。

coming soon

TOP