ロゴ スマートフォン用のロゴ

北條寺

北条義時が眠る寺

背景

鎌倉幕府二代執権である北条義時が創建した寺で、義時の嫡子である安千代丸が大蛇に襲われ命を失った時、北條寺を墓所として七堂伽藍を建立し、仏殿の本尊を慶派の仏師に命じて作らせたとされています。 義時は北条時政の次子であり、北条政子は義時の姉に当たります。義時は源頼朝の挙兵以来、父時政と共にその軍に従い大きな功績を残しました。鎌倉三代将軍実朝の不慮の死により、源氏の正統が絶えると、京都より頼朝の姉の曽孫に当たる藤原頼経を迎えて四代将軍とし、自らは執権となり武家政権を確立しました。義時は冷静な洞察力に基づく計画性と強固な意志を持った優れた政治家でありました。 義時は承久の乱の三年後、1224年(元仁元年)6月13日に62歳で急死し、長子である泰時らによって、北条氏発祥の地であるこの寺に墓を建てたと伝えられています。

見どころ

北条義時夫妻の墓

義時の出身地である江間地区を望む小高い丘に祀られています。

牡丹鳥獣文繍帳

北条政子により北條寺に奉納されたものと伝えられていて、静岡県指定文化財になっています。

木造阿弥陀如来像

義時が慶派の仏師に作らせたとされている阿弥陀如来像。以降運慶作の阿弥陀如来像はないため伊豆の無き阿弥陀と呼ばれています。国重要美術品に指定されています。

基本情報

宗派・山号・寺号 臨済宗建長寺派 北條寺
所在地 伊豆の国市南江間862-1
TEL 055-948-1399
FAX 055-948-1427
拝観時間 1月以降に本堂の一般公開開始予定。
拝観料
駐車場 40~50台(区切り無し)
URL
注意事項 現在、個人のお客様向けには本堂の公開をしておりません。ご了承の程、よろしくお願いいたします。
写真撮影 境内のみ
ペット同伴 境内のみ

アクセス

電車

伊豆箱根鉄道 韮山駅下車後 徒歩25分

江間ICで降り、県道134号線を東へ2分、右折して県道129号を1分

TOP