ロゴ スマートフォン用のロゴ

蛭ケ島公園

源頼朝が配流された地

背景

平治の乱で源頼朝の父・義朝が知多半島で暗殺され、頼朝本人の死罪も確実視されていました。こうした世情の中、平清盛の継母・池禅尼の命乞いにより、頼朝は奇跡的に助命されたものの、伊豆国の蛭ヶ小島(ひるがこじま)に配流されることなります。1160年(永暦元年)2月に14歳で配流となり、34歳で旗揚げするまでの20年間をここで過ごしていたのです。頼朝の配流された蛭ヶ小島とされる地は、現在、蛭ヶ島公園となっています。

見どころ

蛭ヶ島の夫婦(ふたり)

富士山を眺めるように頼朝と政子の像が立っています。

蛭ヶ島茶屋

休憩所「蛭ヶ島茶屋」では、お茶サービス(無料)があり、軽食も可能です。

田園風景と富士山

蛭ヶ島公園の周囲は田園で、その先に富士山の裾野がきれいに広がる景観を楽しめます。

基本情報

宗派・山号・寺号
所在地 伊豆の国市四日町17-1
TEL 055-949-5582(公園内 蛭ケ島茶屋)
055-948-2909(市役所 都市計画課)
FAX
拝観時間
拝観料 無料
駐車場 普通車13台、大型車2台、身障者3台
URL
注意事項
写真撮影
ペット同伴

アクセス

電車

伊豆箱根鉄道韮山駅から徒歩10分

江間ICから6分 3.3km

TOP